法律上、アルバイトにも有給休暇は認められています

有給休暇というと、正社員の特権と思われている方も少なくないのではないでしょうか。
アルバイトの有給制度の有無は企業の規模に比例しているのが現実です。
具体的には大企業の場合には、有給があるけれども、中小企業や個人事業の場合は、制度自体を知らないというケースが多くあります。
しかし、労働基準法という法律によりますと、有給制度は、アルバイトであれ、正社員であれ、派遣社員であれ、契約社員であれ、日雇い労働者であっても、労働者であれば認められる権利です。
その会社に入った日から6ヶ月間経過して、労働日の8割以上出勤すれば、有給取得権利が生じます。
ただし、アルバイトの場合は、フルタイムの場合とパートタイムの場合で取得日数が異なってきますので、この点は注意が必要です。
フルタイムの場合は、正社員と同等となります。
パートタイムの場合には、労働日数に応じて取得日数が減っていきます。
いずれにせよ、アルバイトにも認められた正当な権利ですので、使用者に主張してみるべきでしょう。